売れる仕組み作りは4P分析と4C分析から

   

マーケティングの基本4Pと4Cマーケティングって何をやるのかと聞かれると、けっこう難しいですよね。
最近はWeb担当者がより上流工程であるマーケティング的な発想を求められることも増えているようです。また、Webもマーケティングも少人数で担当されている新進気鋭の企業の方もいらっしゃることでしょう。
ただし現状、Webマーケティングと言えばすぐリスティング広告、SEO、アクセス解析…といった専門分野になってしまいます。では元々のマーケティングとは、リサーチなのか販促なのか…実はそれも施策の一部でしかありません。
本来は、市場の声を聞いた上で、売れる仕組みを作ることまでがマーケティングなのです。今度は範囲が広すぎて何から手をつけていいのかわからなくなりますよね。
今回は、マーケティング施策の基本をおさらいしてみましょう。

「マーケティング・ミックス」の4要素、4Pを復習

自社のターゲットやポジショニングが定まり、マーケティング施策を行う際、マーケティングの基本要素を4つの領域に分解します。英語の頭文字をとって「4P」と呼ばれます。

4P1960年代に経済学者のマッカーシーが提唱した有名な考え方です。この4つのPに分類できるツールを組み合わせて戦略化することを「マーケティング・ミックス」といいます。
この4Pの整合性を見ながらマーケティング施策を立てていくことが重要です。

4Pから4Cへ、マーケティングが進化した

「4P」の考えをさらに顧客視点から見た概念で、1990年代に経済学者のローターボーンが提唱した分類が「4C」です。

4Cこの「4Pから4Cへ」の提唱は、顧客の視点でビジネスを考えた企業が大きく成功していった時代の流れも捉えています。
例えば食品メーカーの場合、既存の流通チャネルでファミリー向けに売っていた商品を、4Cの視点で一人暮らしの食事ニーズを捉え、1人前サイズの商品開発を行い、独身が買いやすいコンビニに販路を拡げる…といった施策が考えられますね。
4Pは企業・売り手側の立場、4Cは顧客・消費者の立場で考えた4要素だと言う点を理解しておきましょう。

Web視点からできること

さて、もともと企業にとって、WebはPlace = 流通チャネルの追加の一手段、あるいはPromotion = 販促の追加の一手段として後付けされた存在でした。Webマーケティングは一手段の中の専門的な分野として発展してきたわけです。
しかしWebのインタラクティブ性や情報拡散性、アクセス解析による顧客の動きの把握などは、広義でのマーケティング戦略にも役立つという点が明らかになってきました。

今は「すべての施策が決定してから、追加でWebも」という時代から、「Webをマーケティングのプラットフォームに」という時代への転換期だと言えます。(これは業種等によっても段階が違います。)
「Product = 製品」の開発や「Price = 価格設定」についてもWebで提案し、反響を聞き、事業全体に活かしていけます。Web担当者も、4Pといったマーケティングの要素を意識することで、より大きな視点で提案をしていくことができるのです。

まとめ

  1. Web担当者もマーケティング戦略意識が大事
  2. 4P/4C、マーケティングミックスの視点を持とう
  3. Webを活用してできる施策を提案していこう

Web関連で仕事をされてきた方は、Web上で結果を出し、Web上の現状を改善することがまず命題であったかと思います。これからは、さらにWebを全体の営業やマーケティング戦略に活かすにはという視点が重要になっていきますね。基本的な考え方にWebの特性やツールを組み合わせることで、さまざまなマーケティング施策の提案・設計をしていけます。
顧客に近い場所にいるWeb担当者こそ、現状の改善にプラスして、新商品の開発といった広義のマーケティング施策に取り組んでいきたいですね。

他にもこんな記事が読まれています

 - マーケティング ,