マーケター必見!クリスマス商戦は彼氏彼女の属性に注目

   

ラブラブカップルもうじきクリスマスですね。楽しい予定ばかりならよいのですが、急遽Webサイトのページに特集情報を追加したり、何かしらネタを考えてブログを書かなくては…とお悩みのWeb担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、クリスマス直前のWebサイト・ブログ更新に役立つトピックスをお届けします!

嬉しい誤算!プレゼントを探しているのは女子の方が多い。

「クリスマス」のGoogleトレンドで注目のキーワードクリスマスのことをいろいろ調べていたのですが、Googleトレンドで見た「クリスマス」関連のキーワード第1位が「クリスマスプレゼント」でした。 そこで「クリスマスプレゼント」で調べてみると、人気キーワードにも注目キーワードにも「彼氏」の入った表現が続出しているのです。

Googleトレンドでは彼女よりも彼氏の方が検索されているさらに調べてみますと、「クリスマスプレゼント 彼氏」が検索キーワードとして伸びているではないですか。
2010年末のクリスマス商戦から見て5倍の伸びです。しかもそれまで男女の差は少なかったのに、ここ5年で「クリスマスプレゼント 彼女」より「クリスマスプレゼント 彼氏」の伸び率が高いのです。これは女子の本気度が高まっている傾向なのか、スマホの普及が影響しているからなのか…なかなか興味深い現象です。
この本気の女の子たちのニーズに応えるためにも、詳しく解析してみましょう。

プレゼントを探しているのはどんな人?

「クリスマスプレゼント 彼氏」というキーワードを、SeeSのテキストマイニング(*1)で解析してみました。

*1 SeeSテキストマイニング
SeeSでは特定のキーワードで検索した際に表示される全てのWebページの文章情報から、関連度の高さに応じて相関図を表示します。 これにより膨大な文章情報(ビックデータ)から概要を把握する事や、マーケティングに必要なデータの抽出にご活用いただけます。

クリスマスプレゼント+彼氏でのテキストマイニング全体的には、クリスマスにはどんなプレゼントがいいのか、商品そのものと、世間の傾向といった情報を探しているユーザーが多そうです。
プレゼント探しから「幸せ→恋愛/生き方」にまで発展しているロマンチックなキーワードですね。

手作りもホットな話題注目したいのが、「手作り→飾り」「手編み→マフラー」といったハンドメイド感や、「新しい」に関連する、出会いの願望も含めた初々しさです。…これは、かなり恋愛に対してフレッシュな女子が多そうではないですか!
相手の好みや希望を知り尽くしていれば調べることもあまりないですよね。まだ付き合いはじめたばかりだったり、友達以上恋人未満の関係だったりするからこそ、調べたり悩んだりするわけです。

実は解析前、SeeS編集部内では、彼氏に「おねだりする」傾向が出てしまうのでは?という懸念も上がっていました。でも全体的には彼氏にプレゼントを「あげる」ために探している言葉が多くなりました(純真な乙女心に思わずホッとした編集部です)。
そんな全体傾向も含めて、幸せな恋愛をしたい純真でロマンチックな女子たち、まだ付き合いの浅い恋愛ビギナーたちの検索が、前述のGoogleトレンドのグラフを押し上げていると考えられます。

モノだけじゃない、一緒に過ごす時間も大事

続いて総合マイニングで、Webサイト上でよく使われるキーワードの順位を見てみましょう。

プレゼントの定番の財布やマフラー具体的な販売アイテムとして上がっているのが8位の「財布」です。テキストマイニングで上がっていた「キーケース」「マフラー」などもそうですが、財布に代表される「身につけてもらえる小物」がプレゼントの王道なのですね。
そして、14位のデート、15位の一緒に、18位のサプライズなどを見ていくと、クリスマスプレゼントとは必ずしもモノを渡すだけではなく、一緒に時間を過ごしたり、プレゼントに驚いてもらえることも含まれているのだとわかります。

「こと」や「方法」の提案は付き合いの浅いカップルの助けになりますね。お店の販売サイトであれば、実店舗の所在地に合わせておすすめのデートコースやイルミネーションスポットを紹介してみるのはどうでしょう。冬のデートプラン、一緒に聞きたいクリスマスソングのリスト、渡す時のサプライズアイディアの紹介などもユーザーに喜ばれる情報といえそうです。

プレゼントをあげる人はどんな人?

クリスマスプレゼントの共起語さて、SeeSには「共起語」を抽出する機能があります。
今回の「クリスマスプレゼント 彼氏」では、なんと「大学生」がトップレベルの共起語でした。
なぜ大学生が?と詳しく調べてみてわかったのですが、「彼氏が大学生か、社会人か、高校生か」という点が女子のプレゼント選びに大きく関わる彼氏の属性であり、悩みどころだったのです。(社会人、高校生もレベルの高い共起語としてあがっていますよね。)

冒頭でも触れましたが、具体的に好みやプレゼントのイメージがはっきりしているユーザーは、「クリスマスプレゼント 彼氏」といったキーワードでは検索しません。こういった一般論を調べているユーザーは、まだプレゼントに具体的なイメージを持っていないユーザーか、相手の好みがわかっていないまだ付き合いの浅い関係と推測しました。
たしかにそんな状況の時、ちょっとした年齢や社会的属性の違いがコミュニケーションの大きな隔たりになっていたことを自分の経験からも思い起こします。

一般的なECサイトはブランド別など一般的な区分にされているとしても、クリスマス商戦では「彼氏が大学生の場合:予算の相場とおすすめアイテム」など、悩める女子の視点を持って商品をグルーピングしてみてはいかがでしょうか。

この時のポイントは検索ユーザーと検索クエリに入るユーザー属性(大学生・高校生・社会人等)は異なる可能性が高いという事です。
大学生が「クリスマスプレゼント 大学生」と検索するとは考えにくいですね。
別の立場にいるユーザーが「これくらいの年齢の人には何をプレゼントしたら良いだろう?」と検索窓に入力する検索動機にこそ注目しましょう。
自分と属性・立場が違う人の情報を調べようとするという特徴的なニーズは、他のテーマにおけるマーケティングにも応用できそうですね。

まとめ

  1. 抽象的なキーワードで検索するユーザーは具体的な指標が欲しい
  2. プレゼントにまつわるデートコースやサプライズ等の情報も大切
  3. 彼氏の属性別(大学生か社会人か高校生かなど)プレゼント提案が効果的

今回は、サイト修正や販促ブログにすぐに使えるプロモーション情報のご参考として、彼氏へのクリスマスプレゼントを探しているユーザーのニーズを解析してみました。
マーケティングの勉強をしていると「マ―ケットイン発想」や「ユーザーの視点に立って」といった表現をよく見ますよね。でも、具体的にマーケットやユーザーの声をつかむのはなかなか難しいものです。特にネット上のビジネスは相手の顔が見えないですし、アクセス解析だけで具体的に響く言葉やまとめ方、コンテンツやプロモーションのプランまで考えていくのは大変です。
SeeSは短時間・簡単なオペレーションで大局的なユーザーの意識やマーケット、ライバルの傾向を知ることができ、次の一手を打つことができる機能を備えたツールです。コンテンツマーケティング、コンテンツSEOの時代に役立つ機能を備えています。ご質問、お試し診断のご希望など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

余談ですが、Googleでクリスマスと検索するとちょっと良い事があるかもしれませんよ。

他にもこんな記事が読まれています

 - トレンドウォッチ , , , , ,