Google Analyticsでコンバージョンを設定しよう

   

コンバージョン

WebサイトにGoogleアナリティクスを設置してみたけど、どう業務に役立てていいのかわからない…。
そんなお悩みを持つ方、もしかして目標の設定ができていないからではないでしょうか。
目標=コンバージョンを設定すると、何に対してどう改善していけばいいのかわかり、業務改善がしやすくなります。
今回は、Googleアナリティクスのコンバージョンを設定する方法をお伝えします。

Webサイトの目的を決めて、目標を立てよう

Webサイトを運営するということには、必ず何らかの目的があるはずです。
すぐに収益を上げたいのか?集客がしたいのか?その目的に合わせ、目標を考えてみましょう。
Googleアナリティクスで設定できる目標には次のようなタイプがあります。

  • 商品購入ページやお問合せのページに来てほしい、ユーザー登録してほしい
    =「購入完了画面」ページなど特定URLへのアクセス
  • しっかり内容を読んでほしい=訪問の滞在時間
  • いろいろなページを見てほしい=訪問時のページビュー数
  • ファイルをダウンロードしてほしいなど=イベント(運営側で定義した操作)

今回は例として、「お問い合わせの件数」を把握し、増やしていくことを目標にしてみます。

それと同時に、もう1点意識しておきたいのが、Googleアナリティクスの持つ「値」という考え方です。
訪問してくれた人が目標通りの行動をしてくれた場合、金額にするとどれだけの価値があるのか?という視点です。売上金額などだけでなく、あらゆる行動を金額に換算できます。
オプション設定ですが、マーケティング施策の数値化ができますのでなるべく設定しましょう。

例)
目標:お問い合わせ件数(=お問い合わせ完了ページへのアクセス)
お問い合わせ100件で1件成約し、平均取引額が5万円の場合
→お問い合わせ1件あたりの「値」=500円

目標と価値を決めたら、実際にGoogleアナリティクスでコンバージョンの設定をしていきましょう!

コンバージョンの設定方法

目標の設定

今回は、お問い合わせしてをほしいという目標を持ったWebサイトのコンバージョン設定をしてみましょう。

GAC01アナリティクス設定ペー

まず、①アナリティクス設定画面から、②ビューの中の「目標」をクリックして開きます。

GAC02新しい目標ページ

「新しい目標」ボタンをクリックします。

GAC03目標設定ページ

「目標設定」のページになります。
テンプレートがあり、収益/集客/問い合わせ/ユーザーのロイヤリティという4分野から選択できるようになっています。該当する目標をクリックしましょう。
今回は「問い合わせ」の「問合せ」を選び、「次のステップ」をクリックします。

目標の説明

GAC04目標の説明ページ

テンプレートで目標を選択していると、すでに名前・タイプが選択された状態で目標の説明ページが開きます。(カスタムの場合は空欄になっています)。

名前:選択した目標の種類が表記されています。わかりやすい名前を自分でつけても構いません。
目標スロットID:目標それぞれに割り振られるナンバーです。 目標セット(1から4)に5つずつ別個の目標が設定できるので、合計20種類まで目標の設定が可能となります。
タイプ:今回は「お問い合わせ完了ページへのアクセス」が目標となります。

カスタムを選択していた場合は、冒頭の「目標を立てよう」で考えた目標タイプの中から、自分でどれか1つを選びます。

目標…特定のURLに到達すれば達成
時間…指定時間以上に滞在してくれれば達成
セッションあたりのページビュー/スクリーンビュー…1回のセッションで指定のページビュー以上にページを見てくれれば達成
イベント…ファイルのダウンロード数や外部リンクのクリック数などが指定数以上なら達成
※ イベントトラッキング設定が必要なため、詳しくは別の機会に紹介します。

選択できたら、「次のステップ」をクリックします。

目標の詳細・保存

GAC05目標の詳細ページ
このページは、目標のタイプによって記入内容が異なります。
お問い合わせ完了ページへの到達が目標の場合は、URLと値の情報を入力していきます。

目標:ゴールすべきURL(ドメインなし)
:単価設定
 コンバージョン行動にいくらの価値があるのか、任意の数字を入れます。
※値の単位が米ドル(USD)になっていたら、「アナリティクス設定」ページのビューの欄の一番上にある「ビュー設定」を開けて、通貨を「日本円(JPY)」に直して下さい。

目標達成プロセス:完了ページまでに経由してほしいURL(ドメインなし)を設定しておくと、訪問者が離脱するポイントを調べることができます。
今回の例であれば、「お問い合わせ入力フォームの画面」「確認画面」のURLを入れてみましょう。
もしお問い合わせ入力画面までは多くの訪問者がいるのに確認画面での離脱率が高い場合、現状の入力フォームでは記入が面倒なのかも?といった推察ができます。

「この目標を確認」をクリックすると、過去7日間のコンバージョン率を表示してくれます。自分のイメージと合っているか確認しましょう。

GAC06目標の保存ページ

「目標を作成」ボタンをクリックしましょう。これでWebサイトの目標が設定されました。

コンバージョン設定が大事な理由とは?

なぜコンバージョン設定が大事なのでしょうか?最後に改めて確認してみましょう。

Webサイト運営の目的とビジネスへの効果がはっきりする

Webマーケティングのメリットの1つが、目的に対する実際の成果が数値ですぐ把握できる点です。目標を設定しなければGoogleアナリティクス導入の意味がないともいえますね。
目的と目標を社内で共有しておくと、Webサイト運営の方向性も定まり、効果が出ているかどうかの判断ができます。

具体的なWebサイト改善のヒントを見つけられる

多くの人がサイトを訪問しても、コンバージョンに至るケースと至らないケースがありますよね。
コンバージョンが多い時期と少ない時期といった比較をすることで、Webサイトの内容、情報発信のタイミングなど、改善や次の施策の具体的なヒントを得ることができます。
目標達成に対して、訪問行動の「違い(差分)」を見ていくことが重要です。
さらに、コンバージョンに至る実際の顧客像を読み解くことで、ターゲット設定の見直しなど、より大きな視点でのマーケティング戦略にも活用できます。

まとめ

今回は「コンバージョンの設定」の方法をまとめてみました。
目標は20個まで設定できますので、複数の目標を設定することも可能です。
コンバージョン設定は設定された時から計測されるため、過去にさかのぼることはできません。何だか面倒かも…と、コンバージョン設定をされていなかった方も、目標を定め、ぜひ設定をしてみてください。

他にもこんな記事が読まれています

 - Google Analytics