Google Analyticsの階層構造を学んでみよう

   

C789 kaisoukouzou

Googleアナリティクスは、独特の構造をしています。
「アカウント」「プロパティ」「ビュー」という3つの階層による構造です。
Googleアナリティクスを自社向けにカスタマイズして活用していくためには、まずこの階層構造についてイメージを持ち、理解しておくと便利です。
今回は、3つの階層の定義、実際に階層構造を活かした仕事のイメージとユーザー権限についてわかりやすくご紹介していきます。

Googleアナリティクスの階層構造とは?

アカウント

Googleアナリティクスで、Webサイトを管理するための一番大きなくくりのことです。
誰が、あるいはどんなチームが、解析した内容を管理するの?ということを明確にします。つける名称は企業名、Webサイト名、プロジェクト名などになります。
アカウントの中にあるのがプロパティです。
アカウントとプロパティは1つのアカウントに1つのプロパティ、1つのアカウントに複数のプロパティの関係にも設定ができます。
企業の実務を想定していった時、「複数のサイトを管理する」「データを複数の人が見る」といったケースにおいて、より使いやすくしているためです。

プロパティ

プロパティはすなわちWebサイト、またはモバイルアプリやPOSなどの端末です。
Googleアナリティクスでデータをまとめるくくり、ひとつの単位のまとまりのことです。
アクセス解析をしたいのはどのWebサイトなの?ということを明確にします。
1つのプロパティにつき、アクセス解析に必要な1つのトラッキングコードが発行されます。

プロパティは、管理しているWebサイトが多い場合、アカウント内に複数登録することができます。
訪問者の特性や行動パターンをそれぞれのブログごとに把握し、別々の対策を立てることができますね。
登録されたプロパティにはフィルタされないビューが必ず1つ作成されます。

ビュー

プロパティで計測したデータは、ビューで表示されます。アカウントに登録しているユーザーはビューのデータに基づく「レポート」を見ることができます。
プロパティに対して、いろいろな条件をつけた複数のビューを作成することが可能です。

条件をつけた複数のビューとはどういう意味でしょうか。
アクセス解析では、各担当ごとに見るべき重要指標も変わってきますので、全てのデータですとかえって使いにくい事もあります。
そこでアクセス解析の、何を見たいの?という点を絞り込みます。
これによって、複数のスタッフで解析データを確認する際に、ユーザーごとに見られる範囲を設定したり、実務に必要なデータだけを表示するなどのカスタマイズができます。
オリジナルの管理画面を作るようなイメージです。

ビューに適用して計測したトラフィックデータを絞り込む機能のことを「フィルタ」といいます。
このフィルタを使うことによりプロパティのデータを特定の条件で表示させることができます。
特定のトラフィックを除外したり、国別のデータに限定したり、関心のある特定のデータだけを取り出して確認することができるのです。

Googleアナリティクスは、この階層構造を活用することできめ細かい分析や業務分担などが可能になります。
ちょっと例えが変ですが、レゴブロックで作った集合体のようなイメージですね。全体的なデータのかたまりとしても把握できるし、必要なパーツ(特定条件で抽出したデータ)だけを選んで組み替えてカスタマイズしたり、一部分だけを他の人に手渡したりもできるようになっているのです。
次章で具体的な運用のイメージを紹介します。

階層構造を活かした運用のイメージ

例としてある企業が管理者1名で2つのブログを運営している状況を図で考えてみましょう。

1つのアカウントに2つのプロパティを設定できます。

アカウントには複数のユーザーが登録できるのですが、ユーザーによってビューの閲覧権限を変えることができます。例えば管理者は全てのデータが含まれるビューを見る権限を持ち、担当者は特定の条件のデータだけを見る…といった区分ができます。

画像2

この図の例では、担当者は、Aブログの改善にすぐ必要な特定データだけを日常業務に使っています。
一方、2つのブログのあるデータの比較資料が必要になった管理者は、短期アルバイトの方に☆★マークのデータだけを見てもらい、資料作成を依頼しました。全体の情報を開示することなく、業務分担ができますね。

Googleアナリティクス、ユーザーの権限

Googleアナリティクスの閲覧権限は、以下の4種類が設定されています。単独または組み合わせて適用します。

  • ユーザー管理
    ユーザーの追加、削除、権限の設定を行える権限。編集や共同編集の権限は含まれない。
  • 編集
    アカウントやプロパティ、ビューのそれぞれの設定や変更、削除などができる権限。共有設定、表示と分析の権限も含まれる。
  • 共有設定
    分析用の機能を利用でき、他のユーザーと共有できる権限。表示と分析の権限も含まれる。
  • 表示と分析
    分析用の機能を利用できるが、他のユーザーとの共有は制限される権限。

上位階層で設定した権限は、下の階層にも引き継がれます(アカウント>プロパティ>ビュー)。
ただし、例えばアカウントでは「表示と分析」の権限だけ与えたユーザーに、プロパティ内で「共有設定」の権限を与えることができます。

ユーザー・権限追加の手順

ユーザーと権限の追加はとても簡単です。

GAkaisou002

Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」のタブをクリックし、「アカウント」「プロパティ」「ビュー」の中で設定したい階層の「ユーザー管理」をクリックします。

GAkaisou003

「権限を付与するユーザー」の枠に、追加したいユーザーのGoogleアカウントのメールアドレスを入力し、与えたい権限にチェックを入れて「追加」をクリックします。

まとめ

Googleアナリティクス独特の階層構造、そして階層構造を活かした実務に必要なユーザー追加と権限の付与についてご紹介しました。
階層構造は、複数サイトの管理、きめ細かいデータ解析、仕事分担など、複数のメンバーあるいは複数の視点に切り分けながら、さまざまな実務がしやすいように考えられた設定なのですね。
3つの階層構造イメージを把握して、解析データをより有効に活用していきましょう。

Googleアナリティクスの導入手順についてはこちらの記事をご覧下さい。

参照 Google Analyticsのアカウント作成からトラッキングコード設定まで

他にもこんな記事が読まれています

 - Google Analytics