Google Analyticsのアカウント作成からトラッキングコード設定まで

   

Googleアナリティクスのアカウント作成から設置までGoogleアナリティクスは、無料で利用できるGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。
非常に高機能で詳細な分析ができるので、Webマーケティングはこれなしで語れないと言うくらいに重要なツールと言えます。
ただ、WebコンサルティングやSEOのご提案に際し、そもそもGoogleアナリティクス自体導入していない企業様が多く散見されました。
これは非常にもったいない事です。アクセス解析はどれくらい訪問があったかといったものだけでなく「どこから来て」「どのような道を辿り」「購入・お問い合わせ・離脱」していったのか雄弁に語ってくれるツールです。
対面型の接客では踏み込めないような、暗黙的なアンケートとも言えます。
ですので、分析ができる・できないではなく設置していないのはデメリットでしかありません。
分析は専門家やマーケティング専門の会社に任せる事ができます。それでも、データを保持していないという事は、いざ他社に対してマーケティングを依頼するにしても、データを集める事から始まってしまいます。
これでは、ビジネスのスピードを著しく落としてしまいますよね。
使うか使わないかは企業の自由です。
しかし、データを取らない事は選択肢がないという事です。

そこで今回はGoogleアナリティクスの設定から導入までを初心者の方にもわかりやすくご紹介したいと思います。
ビギナー向けの内容になりますので、ご活用をご希望の方はGoogleアナリティクスカテゴリをご覧ください。

Googleアカウントを作成・取得する

まずGoogleアカウントが必要ですので作成しましょう。

Google:Google アカウントの作成

 

Googleアカウントの作成 Googleアカウントの作成ページにアクセスし、必要事項を入力してアカウントを取得します。すでにGmailアドレスなどを使用されている方は不要なステップです。

Googleアナリティクスのアカウントを作成する

アカウント作成

Googleアナリティクスアカウントの作成Googleアナリティクスの公式ページにアクセスします。
右上の「アカウントを作成」をクリックします。
ログイン画面に移動したら、1.で作成したGoogleアカウントのメールアドレス(Gmail)とパスワードを入力します。

申し込むログインが完了すると、Googleアナリティクスの申込画面になりますので、「お申し込み」をクリックします。

新しいアカウントの設定

新しいアカウントの作成アカウント設定のページに移動します。順番に設定していきましょう。

トラッキングの対象

トラッキングの対象アクセス解析を行う対象を選択します。「ウェブサイト」か「モバイルアプリ」を選べます。
企業のWebサイトやブログでしたら「ウェブサイト」を選択します。

アカウントの設定

アカウントの設定アカウントの設定をします。この「アカウント」とはWebサイトを管理する最上位階層の単位のことを指します。企業名、Webサイト名などを入力します。

プロパティの設定

プロパティの設定「ウェブサイトの名前」に今回アクセス解析をするWebサイト名を、「ウェブサイトのURL」にはGoogleアナリティクスを設置するWebサイトのURLを記入します。

「業種」はWebサイトに当てはまる業種を選び、「レポートのタイムゾーン」は「日本」に設定します。

データ共有設定

データ共有設定「データ共有設定」の項目を確認します。基本的にはチェックが入ったままで構いません。

すべて入力できたら、ページ一番下の「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。
GoogleのAnalytics利用規約が表示されますので読み、「同意する」を選択します。ページが移動し、トラッキングIDの発行が完了します。

以上でアカウントの作成は終了になります。
では、発行されたトラッキングID、トラッキングコードのページを見てみましょう。

トラッキングコードをWebサイトに導入する

管理画面からトラッキングコードを取得「トラッキングIDの取得」ボタンを押すと、Googleアナリティクスの管理画面に移行します。
トラッキングIDを確認し、トラッキングコードをコピーして計測したいWebサイトに設置しましょう。

トラッキングコードのコピー

登録が完了すると、トラッキングIDと共にトラッキングコードが発行されます。
ここから、いよいよGoogleアナリティクスの導入となります。
画面の指示通り、四角い枠内のトラッキングコードをすべて選択してコピーします。

トラッキングコードの貼り付け

トラッキングコードの設置Webサイト内のすべてのページの</head>の直前にトラッキングコードを貼り付けます。
これでトラッキングコードの設置が完了しました。

インストール完了トラッキングコードのページに、このようなステータス表示が出ていれば導入完了です。
なおhtmlの直接編集だけでなく、プラグインでトラッキングコードを設置してくれるサービスやトラッキングIDを貼り付けるだけで導入完了できるブログサービス等もありますので、お使いのサービスを確認してみてください。

まとめ

今回はGoogleアナリティクス導入までの流れをご紹介しました。
Googleアナリティクスを導入すると、訪問者の興味のポイント、Webサイト内での行動、コンバージョンに至る経緯など様々な情報を得ることができ、Webサイトの具体的な改善に繋げていくことができます。
またGoogleの解析ツールですので、常に時代に合わせてバージョンアップされていきますし、変化の傾向からGoogleの考え方を知ることもできます。ぜひ導入して、サイトの改善に役立てていきましょう。

他にもこんな記事が読まれています

 - Google Analytics