「餃子女子」がブーム!餃子女子の話題を調べてみたよ!

   

餃子女子

こんにちは、「ちょこっトピ」担当のspottyです。
いま、餃子女子が来てるらしい?!マーケティングのいまがわかるSeeSで調べてみました。さっそく見てみましょう!

食べログからビジネスニュース、SNSまで…餃子女子が話題!

まず、どんな分野のサイトが「餃子女子」を扱ってるのでしょうか?データ元は247件のWebサイトになります。

餃子女子ドメイン分類

いちばん餃子女子を語ってるのはポータル。食べログ」が代表ですね。
2位のニュースは、「餃子女子がオススメする都内の名店」などグルメ系の話題が目立つんですけど、「餃子の王将 男社会の限界(中略)女性客が満足する料理へ」といった外食産業のビジネスニュースもありました。

もともと女子のちょっとした盛り上がりだけじゃなく、大手外食チェーンも女性向け企画を仕掛けているのが、餃子女子ブームの背景にあったのかー。

3位のまとめは、naverまとめやツイッターをまとめたtogetterなどですが、「玉城ちはる」「急増」「特集」「放送」といったトピックが挙がっているみたいです。
そう、この玉城ちはるさんが餃子女子ブームのキーパーソンなんですね!

ブームを確立した、玉城ちはるさんの「餃子女子」

シンガーソングライター、玉城ちはるさんの本「餃子女子」。コンサートで訪れた全国のオススメ名店が紹介されています。さらに、自宅で餃子を作るポイントやアレンジ方法も載っているそう!

いい笑顔です!

この本が、それまでジワジワ来てた餃子ファンの女性=「餃子女子」カテゴリを確立したんですね!

ちなみにいくつかのサイトで「ギョー女」なんて言い方もされてるんですけど、全体傾向からみるといまいち支持されてないです。ちょっとのところで「餃子女子」のほうが可愛いよね!って思われてる気がします。

餃子女子に関する地名といえば、東京と宇都宮

餃子女子に関するいろんなサイトで、一番出現してる関連語は「お店」。
34%のサイトが「お店」の話題を語ってます。
「紹介」「人気」「専門店」「おすすめ/オススメ」の出現からも…今のところ、餃子女子とは「店で食べる人」ですね。
女子会やちょい飲みの時、働く女子のお供として餃子がクローズアップされてきたのでしょう。
意識高い系ほどハマるっていう記事もありました。

「地名」としてデータに出現しているのはどこなんでしょうか。

1位から100位まで調べたところ、地名は2件。
7位:東京と 27位:宇都宮 でした。

餃子女子 出現順位1-30位W700

圧倒的に東京。働く女子も多い東京は、やっぱり女子を意識したお店が多そうですよね。

そして毎年、餃子日本一を宇都宮と浜松が争ってるらしいんですが、「餃子女子」に関してはやっぱり宇都宮ブランドが強い!
浜松はもっと女子力つけないと!って感じでしょうか。

がんばれ餃子専門店!餃子女子を狙ったO2O

データを見ていると、本のことやグルメトレンド系の情報が多い中、意外と餃子専門店などお店自体もブログや情報発信をがんばっているのがわかります。
ネット(オンライン)で発信して、実店舗(オフライン)への来客を促すような施策をO2O(オーツーオー:Online to Offline)って言いますが、「餃子女子」みたいなキーワードをうまく使ってO2O施策をはかるといいですよね!

その際は…

  • 女子会…餃子女子といえば女子会!
  • レシピに関わること…ニンニクは入ってる?ニラは入ってる?ヘルシーなの?
  • 水餃子?焼き餃子?…けっこう水餃子も人気です!
  • 皮、羽根…皮の食感、羽根がどうなってるかへの関心が高そうです。
  • 合う飲み物…ビールだけでなく、ワインと合う点が女子の注目!

このあたりを意識した情報を作ってくとよいですよ。(このへんくわしく知りたい人はSeeS編集部まで!)
今は情報発信すればお客様もSNSで拡散してくれるので、お店もどんどんWebを活用していきましょう!

まとめ

  1. 玉城ちはるさんの「餃子女子」がブームを牽引
  2. 働く女子の多い東京を中心に餃子女子が確立した
  3. 餃子専門店は餃子女子の興味をねらったO2Oを!

餃子ってもちもちからパリパリ、具もいろいろ入れられるから意外に奥深いですよね。
何でも「女子」つければいいのか、とか思ってたんですけど、今回調査してみてわかったことは
とりあえず、餃子が食べたい。
でした。
今日から餃子女子カテゴリに入ろうかな…。

他にもこんな記事が読まれています

 - トレンドウォッチ, マーケティング , ,