HHH戦略って知ってる?YouTubeで稼ぐテクをGoogleが公開

   

HHH戦略とは?Youtubeで稼ぐテクニックYouTubeは動画共有サイトとして有名ですが、実は世界第2位の検索エンジンでもあることをご存じでしょうか?
2015年現在、ユーザーは月間10億人を超えと、普段マーケティングに関わらない方でも、これだけ膨大なユーザーを抱えたWebサイトを無視することはできないですよね。

一方で、活用できている企業やYouTuberはまだまだ一握りです。
そこで今回は、本家Googleお墨付きのYoutubeで稼ぐテクニックを集めたチートシートと言っても過言ではない「The YouTube Creator Playbook for Brands」の中から「HHH戦略」に迫ってみたいと思います。
YoutuberやWebマーケター必見の「HHH戦略」、知っておいて損はないですよ。

HHH戦略とは

トリプルH(TripleH)誰でも手軽に動画の配信・閲覧ができるYouTubeは、ユーザー主導型の市場として飛躍的に拡大してきました。
それに対して企業、特に日本の企業ではビジネス活用が後手に回っていたようです。動画はプロが作るものという固定観念が強いせいもあり、動画活用マーケティングは少しハードルが高い施策と感じられていたこともあります。(軽いノリで素人映像でもどんどんアップロードする米国とのメンタリティの差もありそうですね。)

しかしここまで拡大してきたYouTube市場を見て、動画コンテンツによるマーケティングに挑戦する企業も増加していくでしょう。
では動画コンテンツでどのようにマーケティング戦略を立てればよいのでしょうか?

ここでGoogle/YouTubeが2014年から提唱しているYouTube活用マーケティング戦略「HHH戦略」に注目してみましょう。
動画コンテンツを特徴や役割からHygiene/Hub/Heroの3種類に分け、目的にあったコンテンツの開発や連携を提唱しています。3つの頭文字を取って「HHH戦略」です。

Hygiene Contents

課題や疑問に応えるプル型コンテンツ、ハウツーコンテンツやデモ動画など。
ユーザーが「○○のやり方ってどうするんだろう…」と目的を持って検索した時に出会う、具体的に役立つコンテンツです。
派手な話題にはならなくても、ニーズの高い見込み顧客と出会えますし、既に商品を購入した顧客の助けにもなるコンテンツです。
Hygiene Contentsの参考例としては次のような動画になります。

Hub Contents

継続的・定期的な動画リリースによるプッシュ型のコンテンツ、定期的レビュー、シリーズ、エピソードなど。
ある程度の継続性が鍵となります。Hygieneが店頭販売のイメージだとすればHubはPR施策の動画版ともいえるでしょう。継続的にユーザーと繋がり、ファンになってもらうことで、企業やブランドとの信頼関係を高めていきます。
Hub Contentsの参考例としては次のような動画になります。

Hero Contents

インパクトのある映像で世間の話題となり、多くの人にリーチさせるブランド認知動画、バズ動画。
動画コンテンツといえばまずイメージされるタイプの動画ですね。ソーシャルメディアで共有・拡散される「バイラル動画」が良い例です。多くの人の注目を引きつけ、コンテンツを拡散してもらうことが主目的であり、内容的にはマス広告のイメージに近いコンテンツとなります。
Hero Contentsの参考例としては次のような動画になります。

各コンテンツ別のユーザーへのリーチ

HHH戦略のイメージ図日本語ではHygiene=衛生、Hub=中心、Hero=ヒーローです。衛生という概念が少しわかりにくいのですが、要はノウハウやハウツー系のお役立ちコンテンツといったイメージになるでしょうか。
ユーザーへのリーチはHygiene<Hub<Heroとなりますので、ノウハウ系コンテンツでニッチな話題やコアユーザーにアプローチするのか、インパクト動画でマスに対してブランド認知していくのか、動画制作前にコンセプトを決めておく事が大切です。
ただYouTubeにアップしただけの動画になるか、多くの成果・広告収入を得るコンテンツになるかはここが大きな鍵を握っています。

HHH戦略が提唱された背景を探る

約10年間でこれほどYouTubeのユーザーが広がった背景としては、時を同じくして推進されたデジタルイノベーション、通信インフラの整備が大きいですね。モバイル端末でサクサク動画が見られる時代になりました。
その中で、「YouTuber(ユーチューバー)」や「YouTubeクリエイター」と呼ばれる、人々が出現し、多くのユーザーを惹きつけました。個人のアイディアやキャラクターだけで、一躍世界中の人気者になる人が続出しているのですから、夢のある話ですよね。

カリスマ的なYouTuberの作るHeroコンテンツは、集客の大きな牽引力となりましたが、YouTuberの独創的なやり方だけでは、なかなか戦略的ハウツーに繋がっていきません。
企業が取り組む場合、エンターテイメント性の高いコンテンツだけで、話題になったあとのファン化・顧客化戦略がないとビジネス的な成果が得られない…という振り返りもあったようです。

より日常的な内容で、見込顧客の取り込みや既存顧客のサポートという視点でも動画コンテンツは活用できます。HubコンテンツやHygieneコンテンツですね。
Googleは動画コンテンツをもっとマーケティング的に活用してもらうため、このHHH戦略を提唱し始めたようです。
動画に限らずコンテンツマーケティング戦略全般にも応用できそうなフレームですね。

企業規模にかかわらず活用できるHHH戦略

中小企業や個人でも活用できるYouTubeYouTubeのガイドではサムソンなど大企業の事例が上がっていますが、中小企業や店舗、個人事業でもこのHHH戦略のフレームワークを活用することができます。
小さなショップが動画活用マーケティングを実施する際のコンテンツ案を考えてみましょう。

アウトドア用品ショップの場合

  • Hygiene:テントの組み立て方/炭から火を起こす方法 などのハウツーコンテンツ
  • Hub:新入荷キャンプ用品の定期的レビュー
  • Hero:キャンプ場での面白ネタ動画

目的の異なる3種類の動画を連携させ、スケジュールを立てながらアップしていくことで、人々をファーストタッチからファン化・顧客化につなげていく施策が可能です。

面白いストーリーや編集テクニックを駆使したHero動画の制作は、YouTuber的人材や制作会社などの専門的なノウハウが必要となってくる場合もありそうですが、HubやHygieneにあたるレビュー動画やハウツー動画ならインハウス(社内)のチームでも気軽にチャレンジできますよね。
動画を使えば簡単に説明できたり、一目瞭然で違いがわかる事柄は意外と多いのです。

YouTubeを活用するメリットとは

YouTubeを使うメリットさてここで、自社のWebサイトに直接動画コーナーをプラスするだけではダメなの?という疑問を持たれた方もいるかもしれません。
単なる自社サイト上の動画ではなく、YouTubeを活用することのメリットをあげてみましょう。

  • すでに全世界から多くのユーザーが集まっており、コミュニケーションも活発
  • 動画配信に必要なインフラコストが不要
  • PCだけでなくモバイル、家庭用ゲーム機など多様なデバイスで視聴できる
  • ソーシャルメディアとの親和性が高く、動画が拡散しやすい
  • 検索エンジン最適化(VSEO)による上位表示施策が可能
  • 視聴者の分析ができる(YouTubeアナリティクス)

すでに集客力があるというメリットだけでなく、検索エンジン最適化やアクセス分析…Webマーケティングの集客施策の応用ができそうです。
つまり、YouTubeを介することで、文字検索ベースのコンテンツマーケティングと同じような仕組み・PDCAサイクルで施策を組み立てることができるというわけですね。

まとめ

  1. YouTubeは動画コンテンツ普及を牽引し、YouTuberなど新しい職業も出現
  2. 動画コンテンツをマーケティングに活用する「HHH戦略」が提唱され始めた
  3. YouTubeの集客力と検索・分析機能はコンテンツマーケティングに適している

動画コンテンツの活用はまだ黎明期ともいえますが、だからこそ小さな企業やプロジェクトにとってもチャンスの多い分野です。モバイル世代で動画作成に抵抗のない新入社員の方々で企画してみるのも面白いかもしれませんね。まずは戦略を立ててみましょう。

参考 Creator Playbook – Think with Google(リンク先英語)

他にもこんな記事が読まれています

 - マーケティング ,