WEB担当者が現実的に対応すべきmeta descriptionについての考え方

      2016/03/18

メタ ディスクリプションって正直めんどう今頃になってmeta descriptionについての記事にしたのは、これまでの「メタタグについてのSEO効果」の検証記事やSEOの歴史を踏まえて、多忙なWEB担当者が現実的に対策すべきmeta descriptionの優先度の高さについて触れておきたいと思ったからです。
これからSEOを始める方や、メタタグ関係のブログ記事や書物を読んで全ページ設定など途方に暮れる作業を検討している方は、ぜひご一読ください。
SEOの指示を出す側と受ける側の溝が少しでも埋まれば嬉しいです。

meta descriptionに対するSEO界隈の論調の変化

meta descriptionとSEOについて語られていた初期は
「meta descriptionにキーワードを入れるとSEO効果がある!」
みたいな事が中心でした。
確かにその当時は一定の効果がありましたが、meta keywordと同じく現在はそのような事はありません。
これを受けて議論は次のステージへ移行します。
「meta descriptionやmeta keywordなどのメタタグはもう必要ないのか?」
そして論調としては
「SEO効果はもうないよ。ずいぶん古い情報だね」
が先行しその後
「SEO効果がないからと言って無駄ではない。keywordもdescriptionも検索エンジンフレンドリーだ」
だいたいこの2つに落ち着きました。
2014年現在ではどうでしょう。
当然SEO効果について語る記述はあまりありません。
そこで出てきたのが
CTR(クリック率)向上のためにもmeta descriptionは設定しよう」
的な勢力です。
これについては私も同意です。
基本的には各ページにユニークな(一律でない)メタタグを設置できるのは理想です。
ただし、絶対に設定しなければいけないわけではありません。
けれど、設定した方が良いと書かれていればそう思ってしまいますよね。
そこで設定しなくても良いケースをご紹介しようと思います。

meta descriptionを設定しなくて良いWEBサイト

meta descriptionを設定しなくても良いケースの代表的なものがブログ等の日記形式のWEBサイトになります。
よくある例としては「社員ブログ」や「社長ブログ」「広報ブログ」「芸能人ブログ」などの検索流入を見込んでいないブログです。
もちろん、全く検索エンジン経由のユーザーがいないという訳ではありませんが、ブログの記事で集客するというよりは集客経路が他に用意されているケースです。
「社員・広報ブログ」であれば母体となる会社のWEBサイト経由の流入や、既存客とのコミュニケーションが目的のため、記事その物は検索ユーザーへ向けられたものではなく、ほぼ日記や一方的な情報発信ですので特段個別の記事ごとにmeta descriptionを設定する必要はありません。
「芸能人・社長ブログ」は既にその人物に情報発信力があり最初からユーザーがついているので、検索結果上の見え方を気にする必要はないでしょう。
ただし、これらは個別の記事に対してですので、トップページくらいは設定しましょう。
特に「芸能人・社長ブログ」は個別記事に対しての検索流入が少なくても、個人に対しての指名検索は相当数考えられるので、indexにはプロフィールのつもりでしっかりと設定した方が良いでしょ。

どのみちmeta descriptionは設定しなくても検索エンジンが自動的にページ内の文章を要約して表示してくれますので、これらのブログは頑張って設定しなくて良いと思います。

ブログ記事でも設定した方が良いケースもある
例外もあります。
コンテンツマーケティング(コンテンツSEO)の一環として運用されている、いわゆるビジネスブログの場合は各記事に設定した方が良いでしょう。
運用形態がノウハウ提供型のブログであれば検索流入ユーザーが相当数見込めますので、当然検索結果でユーザーの目に触れるmeta descriptionの役割は大きいです。

CTRの向上が動機であれば優先すべき事は他にある

本末転倒なようですが、CTRを向上させるためにmeta descriptionを調整するくらいなら、検索順位を上げた方が当然ですがCTRは向上します。
ですので優先度が変わるはずです。
時間は有限ですので、私のおすすめのSEOでの改善フローは

  1. meta descriptionを設定せずにまずインデックスさせる
  2. 検索順位を確認しタイトルタグや本文を修正する
  3. 検索順位の変動を確認しこれ以上の上位化が現実的に難しい(これ以上やれる事がない)時に初めてmeta descriptionの調整によりCTRの向上を目指す

1の工程では、とりあえずGoogleにインデックスしてもらう事を考えましょう。
その後2の工程で検索順位を確認するのですが、検索順位が落ち着くにはしばらく時間がかかります。初めて検索結果でWEBサイトのインデックスを確認できた時点では、まだ暫定順位であると心得ておきましょう。

しかし、ただ待っているのではありません。この順位の落ち着くまでの期間も有効に使います。
アクセス解析などで実際に流入するキーワードを分析し、イメージするユーザーを獲得出来ているかしっかりと確認しておきましょう。
想定とは違ったキーワードがボリュームゾーンになっていたり、必ずしもイメージ通りに集客出来るとは限りません。

これらを元に2の工程のタイトルタグの調整や本文の修正にあたります。
ここでの作業は実際のボリュームゾーンに記事内容を修正するか、想定するユーザーを獲得出来るように調整するかという要件もあります。
単一キーワードに限定したSEOだけでないマーケティング思考が必要になります。

3の工程の段階は、やれる事はほぼない段階です。
必然的にCTRを向上させてアクセス数の底上げの段階なのです。

必要だけど優先度は高くないのでほどほどに

現実問題としてmeta descriptionの調整により目に見えてアクセス数が増えるというのは余程検索ボリュームのあるキーワードでないと難しいです。
meta descriptionに頭を悩ませるくらいなら、本文のブラッシュアップをした方が良いですし、CTR向上の観点に立ってもmeta descriptionよりtitleタグの方がユーザーへのインパクトは大きいです。
ただし、全ページ同じmeta descriptionはユーザーに不親切なので止めましょうね。

ウェブ担は他の業務と兼務されている方も多く多忙だと思います。
やった方が良いのは間違いありませんが、仮に設置しなかったとしても効果的な文章を自動的に補足してくれる現在では優先事項としてはそれほど高くないです。
CTRの向上でmeta descriptionの議論を展開するなら検索順位を上げた方がインパクトある集客につながるでしょう。

他にもこんな記事が読まれています

 - SEO