2015年流行語大賞 反省と今後の展望

   

流行語反省

ビッグデータ、負ける…

12月1日、2015年の流行語大賞が発表されました。

  • 年間大賞 「爆買い」
  • 年間大賞 「トリプルスリー」

何ということでしょう…ここ2年連続で大賞を的中させていたSeeSですが、2015年は予想を外してしまったのです。
とはいえ、実は「爆買い」については抜かりなく特集していたSeeS編集部。検索量の伸びなどから、キーワードとして注目していました。

参照 流行語にノミネートされた「爆買い」の話題を探る!

一方、さすがに「トリプルスリー」の受賞はデータ的にも編集部の話題からも予想外の結果でした。残念です!

ネットの声を聞いてみると

しかし、今回の結果は一般的にも予想外だった人が多いようです。昨晩Twitterでは「トリプルスリーって何?」という声が溢れていましたし、皆が困惑しているという趣旨の記事やまとめサイトも次々とアップされています。

一方、ネットの声をまとめた流行語にはどんなものがあるでしょうか。

Google Japanは、「2015年Google検索による流行語ランキング」を発表しています。

  • 1位 マイナンバー
  • 2位 ラッスンゴレライ
  • 3位 エンブレム

SeeSは「流行語」としてWeb上で話題になった言葉として「ラッスンゴレライ」を大賞と予想したわけですが、検索ボリュームでも「ラッスンゴレライ」は年間2位だったことが裏付けられました。

また、「ガジェット通信ネット流行語大賞2015」も発表されています。こちらは1000人以上による投票の結果とのことです。

  • 金賞 五郎丸
  • 銀賞 ぱよぱよちーん
  • 銅賞 ISIS/イスラム国

SeeSの調査でベスト3に入っていた「五郎丸」が金賞ですね。さらにデータ上の出現から、候補語でないけれど特筆していた「ぱよぱよちーん」が入賞しています。
いかがでしょうか。SeeSや、Google、ネット流行語大賞など、ネットのデータや声を集めて出した答えのほうが、感覚として納得できる結果になっている、と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ガジェット通信の方も書かれていますが、ネット独自の偏りがなくなってきて、「みんなの総意」としての結果が出てくるようになってきているんですね。
実際ネット上では「Googleの結果の方がピンと来る」「ビッグデータ解析とか使ったほうが正しいんじゃないの?」といった発言も見受けられます。
ありがたいことに、流行語大賞の発表後だというのにSeeSの予想記事に「いいね!」を押してくださる方も続々といらっしゃいました。

「ヒトよりキカイ」という感情のシフト

というわけで、流行語大賞の予想には負けてしまったSeeSですが、ネットのデータや声を元にした予想が世間の皆様の好評を得るという現象を把握することができました。
実はこれ、とても重要なことかなと思っています。
一部の人間の意図で発信される何かよりも、Webでの声の収集、統計や分析といったキカイの声の方が信頼に足りる、共感できると多くの人が考え、発言する様子が明らかになったからです。
ITが進展する中で、Webやキカイへの不信感といった人の感情だけはなかなか変わらない部分もあります。
しかし2015年の流行語大賞とそれにまつわる一連の現象で、私達は「ヒトよりキカイ」という感情のシフトを目の当たりにしました。
この感情のシフトは、次のビジネスを考えていく上で大きな指針になります。
一方的なヒトの意図や提案は疑われるようになり、キカイを活用した裏付けと共感をもたらすビジネスがますます注目されていきそうです。
Webビッグデータの解析を担うSeeSにとっても重要な潮流です。
私たちも、来年は「SeeS流行語大賞」を発信できるくらい成長していきたいと思いを新たにしております。今後とも応援よろしくお願いいたします!

他にもこんな記事が読まれています

 - コラム, トレンドウォッチ , , ,