TOWS分析(クロスSWOT分析)で戦略立案してみよう

   

TOWS分析(クロスSWOT分析)で戦略立案してみよう以前の記事で、SWOT分析の方法についてご紹介しました。
ただ、SWOT分析は現状を整理して把握するだけじゃないのか?という疑問や、物足りなさを抱かれる方もいるかもしれません。
そこで今回は整理した現状から、戦略や対策を導き出す手法として、「TOWS分析」の手法を具体的に解説してみたいと思います。
このTOWS、よく見るとSWOTを逆から書いた表現ですね。SWOT分析の応用、拡張機能とも言うべきフレームワークですので、「クロスSWOT分析」とも呼ばれています。
ちなみにTOWSの読み方は「トゥーズ」です。

TOWS分析(クロスSWOT分析)とは?

TOWS分析(クロスSWOT分析)とは?TOWS分析(クロスSWOT分析)の概念図SWOT分析の4つの要素・項目リストを縦横に配置し、クロスさせて4つの空欄(フレーム)を作成します。この図をTOWSマトリックスと呼びます。項目リストを掛け合わせながら、フレームを埋めるように戦略を考えていくのがTOWS分析です。
4つのフレームそれぞれの戦略の考え方は以下の通りです。

S×O戦略 maxi-maxi
自社の強みを活かして機会を拡大・持続する戦略を考える。
S×T戦略 maxi-mini
自社の強みを活かして、脅威に対処する戦略を考える。
W×O戦略 mini-maxi
自社の弱みを補完して、機会をつかむ戦略を考える。
W×T戦略 mini-mini
自社の弱みと脅威を最小化する戦略を考える。

この手法ですと、さまざまな方向性を持った対策を具体的にあげていくことができます。

TOWS分析の活用事例

前回の記事で、「ファン拡大のため、Webサイトをリニューアルする」 という目標を持ったA雑貨店のSWOT分析をしてみましたので、その事例を再活用してTOWS分析の参考事例を作ってみたいと思います。

TOWS分析(クロスSWOT分析の参考事例今回のA雑貨店の事例では、Webサイトのリニューアルがひとつの目標でした。SWOT分析とTOWS分析を実施することで、サイトリニューアルを契機とした様々な具体的な対策のアイディアが見えてきたようです。
このようにして上がってきた対策案を重要度順に分け、実行できるかどうかを判断しながら、アクションプランを策定することにつなげていきます。

TOWS分析をさらに実務に落としこむには

TOWS分析は、SWOT分析の弱点を補い、戦略立案のアイディアをふくらませることのできる便利なフレームワークです。
ただ実際の施策としてはまだアイディア段階にすぎないということは注意しておきましょう。
SWOT分析の際には「仮説・目標を立てる」ことが重要と書きましたよね。同じように、TOWS分析で得られた戦略案は、実際に実行できるのか?本当に有効な対策か?取り組みの重要度順は?予算は?といった「検証を行う」ステップが大切になります。
仮説-検証の大きなサイクルを意識することが、SWOT分析・TOWS分析を実務ベースで有効に活用するためのポイントなのですね。

まとめ

  1. TOWS分析(クロスSWOT分析)は、SWOT分析の拡張機能
  2. さまざまな方向性の戦略、対策を具体的に立案することができる
  3. 戦略立案をアクションプランに落としこむには「検証」が大切

このようなフレームワークは、研修などでよく使われますが、大企業の戦略決定といった壮大なイメージがつきまとうせいか、意外と日常の実務で応用できないという方もおられるのではないでしょうか。
今回は、かなり具体的な業務目線で事例を作成してみました。
複数のメンバーで打ち合わせをしている時、SWOTやTOWSのフレームで考えをまとめてみると、皆の思いが整理されて新たな発見や意識の共有化につながることがあります。ホワイトボードか大きな紙に、ポストイットを準備する程度で始められますので、会議の時などに試してみてくださいね。

マーケティングのご相談を承ります
SeeSではマーケティング全般やコンテンツマーケティングのお問い合わせやご相談を承っております。
現在のお客様のマーケティング上のお悩みについても、検索エンジンの視点から診断いたします。どうぞお気軽にご相談ください。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

他にもこんな記事が読まれています

 - マーケティング